介護福祉士求人ランキング【※転職に失敗しないために!】

地方公務員の介護福祉士求人なら

地方公務員として介護福祉士の仕事を目指していく人は、そう多くはないでしょう。通常介護福祉士の資格を取得した場合、病院や、福祉施設に就職していくことが多く、公務員を目指す人はあまりいません。ただ、目指せないわけではなく、介護福祉士として、また地方公務員として介護の仕事をしていくことはできると言えます。

そのためにはどうすれば良いのかですが、当然公務員試験を受けていくことになります。この際、条件や、試験などの詳細は地域によって変わってくる可能性が高いので、自分が受ける地域の試験詳細をよく確認しておくことは必須となります。介護福祉士として働くかどうかに関わらず、公務員試験を受けないことには、地方公務員として仕事をすることはできません。

また注意しておきたいことは、合格したからと言って、必ずしも、福祉や介護の領域で仕事ができるというわけではありません。地域の都合や人材の数などによって、職場や配属される先は変わってくることになります。しかし、介護福祉士の資格をもっており、かつ福祉や介護に興味があることを伝えることで、福祉・介護の職場に行ける可能性は高くできると言えます。

公務員として仕事ができる場所を探すよりも、まず合格することを目標にし、転職や求人活動をしていく必要があります。そのため通常の転職、求人活動よりも難易度はぐっと高くなるでしょう。ただ、その分待遇などが良くなる傾向にあるので、充実した転職、就職にしていくことはできるでしょう。

ある程度転職活動、就職活動が進んできた、試験の準備ができてきたら、地方公務員として仕事をする場所はどのようなところになるのかを、あらかじめ知っておくことも大切です。それらの情報を集めるのは、転職先や就職先の情報を集めるのと何も変わりません。そのため、自分が勤めるかもしれないという意識を常に持ち、情報を集めていくと良いでしょう。この場合にも、やはり通常の転職と、就職と同様に、医療・福祉専門の転職サイト、求人サイトが役に立っていきます。

一般的な情報だけでなく、どのような条件があるのか、勤務時間、休み、待遇が公務員としてどのレベルにあるのかもしっかりと確認できるでしょう。地方公務員かつ介護福祉士という肩書きを持ちながら資格をすることは、

当然、同時に責任も大きくなります。いい加減な気持ちや、軽い気持ちで仕事を続けることはできません。反面、自分のやりがいを大きくすることもできるでしょう。計画性、努力の両方が必要になりますが、十分な待遇を受けられた時、大きな達成感があるでしょう。


>> TOPページで介護福祉士の転職エージェントの人気ランキングを見てみよう!

TOP

人気エージェント一覧

各エージェントの評判・口コミ

施設形態で選ぶ

勤務形態で選ぶ

年齢別の転職活動

お役立ち情報

都市別の求人事情

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 介護福祉士求人ランキング【※転職に失敗しないために!】 All Rights Reserved.