介護福祉士求人ランキング【※転職に失敗しないために!】

英語力を活かせる求人をお探しの介護福祉士の方へ

介護福祉士の求人を探している人のなかには、英語を活かせる職場で働きたいと考えている人もいるかもしれません。介護職の仕事というのは高齢者や障害のある人の生活支援や身体介護を行うものになります。ですから、英語が必要となる現場というのは限られていると言っていいでしょう。しかし、住んでいる地域によっては外国人が多くいる場所もあり、英語が話せることが採用のときには有利になることもあると考えられます。

あるいは、近年は国の政策によって介護職、看護職の人手不足を解消するために、東南アジアから看護師や介護士を採用しているケースもあります。外国人看護師や外国人介護士は日本語がある程度できることで現場にたずさわっていますが、英語を話せる日本人スタッフがいることであいだに入ることも可能になります。そういった現場も、介護福祉士として英語が活かせると考えることもできるかもしれません。いずれにしても、求人数はそう多くはないと言えます。

ですから、英語力を活かせる職場で働きたいと考えている介護福祉士の人は、介護職専門の転職支援、人材派遣サイトを活用するのがいいでしょう。自分の力でそういった求人数の少ない仕事を見つけるのは難しいと言えます。それこそほかの人の紹介でないと出会うことがないというケースもあります。それならば、人材紹介、人材派遣を専門にしている業者にあいだに入ってもらって、自分の希望を伝えてそれに合った仕事を紹介してもらったほうがいいのです。

たとえば、ベネッセ「介護士お仕事サポート」ならば、介護職の求人情報を専門に扱っています。無料で会員登録ができ、コンサルタントに相談もできるようになっています。コンサルタントに英語が活かせる現場について相談をしていくことで、それに見合う内容の求人情報があれば紹介してもらうことが可能です。すぐに見つからないときでも、新着情報をすぐに知らせてもらうことができるサービスがあるので、自分の希望に合った求人を見逃す心配もありません

あるいはMC介護のお仕事も介護職専門で求人情報を扱っています。全国に14の活動拠点があるので、そこを中心に求人情報が集まるようになっています。ですから、英語が活かせる職場もなかには含まれていることもあるでしょう。まずは無料の会員登録をしてから、コンサルタントに相談をすることになります。実績のあるコンサルタントが担当してくれるので、安心して希望する条件を伝えていくことができます。非公開求人などもあるので、詳しく話をしていくのがいいでしょう。


>> TOPページで介護福祉士の転職エージェントの人気ランキングを見てみよう!

TOP

人気エージェント一覧

各エージェントの評判・口コミ

施設形態で選ぶ

勤務形態で選ぶ

年齢別の転職活動

お役立ち情報

都市別の求人事情

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 介護福祉士求人ランキング【※転職に失敗しないために!】 All Rights Reserved.