介護福祉士求人ランキング【※転職に失敗しないために!】

転職時の志望動機について

介護福祉士として転職活動をする際に、志望動機の書き方や伝え方で迷ってしまうという人もいるでしょう。転職を希望しているし、その仕事に興味があるから応募するときでも、いざ「なぜ応募したのか?」「ここで働きたい理由は?」と聞かれると具体的な返答に詰まってしまうというケースもあるでしょう。そういったときには、自分の考えを整理しておくことが重要になります。とくになぜ前の職場をやめたのかという点についても振り返ってみることも大切です

なぜなら、「なぜここで働きたいのか?」という問いに対して、ここでなくても良いのではないかと思われるような返答では評価してもらえないからです。あるいは使い古された言い回しでしか志望動機が伝えられないのは避けるべきです。ですから、前の職場に対する不満が、新しい職場を選ぶ条件になっているわけですし、そこにどういった仕事をしていきたいのか、どういうふうに働いていきたいのかを考えるヒントが隠されているというわけです

また、履歴書と志望動機書をいっしょに提出するケースもあります。そのときには、履歴書の志望動機欄と、志望動機書の内容が一貫性を持っていなければいけません。内容に関しても、表面的なものだけでは書類選考で落とされてしまうこともあるでしょう。なにか具体的な経験を織り交ぜながら、どうしてそこで働きたいのかを伝えられることが好印象につながると言われています。そういったエピソードというのは、面接時でも話題にしやすいからです。

インターネットで検索をすれば志望動機の書き方や、例文などを多く見つけることができます。しかし、それらを写すだけでは自分の言葉で伝えることはできません。ですから、ベネッセ「介護士お仕事サポート」やMC介護のお仕事といった転職サイトのコンサルタントからいろいろとアドバイスを受けるのがいいでしょう。とくに、前述のように志望動機について自分の考えをまとめる作業をするときにも、プロのコンサルタントと話をすることが役に立つのだと言えるでしょう

いろいろと希望する雇用条件などについてヒアリングをしてもらうことで、自分がどういった仕事をしたいのか、どういう働き方を希望しているのかといったことが整理されていくのです。もちろん、応募するまえに志望動機書や履歴書の書き方について相談するのもいいでしょう。多くの転職をサポートしてきたプロなので、書き方についてのアドバイスもしてくれます。ほかにも、面接の準備もサポートしてくれます。志望動機は書類選考でも面接でも重視されるポイントだからです。


>> TOPページで介護福祉士の転職エージェントの人気ランキングを見てみよう!

TOP

人気エージェント一覧

各エージェントの評判・口コミ

施設形態で選ぶ

勤務形態で選ぶ

年齢別の転職活動

お役立ち情報

都市別の求人事情

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2017 介護福祉士求人ランキング【※転職に失敗しないために!】 All Rights Reserved.